新年の一杯

今日の一杯。。。
改め、新年の一杯。。。🍾

Champagne Bollinger La Grande Annee 2007

【泡】Champagne Bollinger La Grande Annee 2007

Pinot Noir 70%, Chardonnay 30%
@France(Champagne/Ay, Verzenay)

良年のみ生産されるLa Grande Annee

平均して、必要な葡萄の70%をGrand Cruと1er Cruの区画から集められた葡萄を使用する中、2007年は100%Grand Cruと1er Cruを使用

香りはメゾン系というよりR.M.より
イースト香が強め、飲むとはじめBrutというよりExtra Brutのようなスッキリさを感じる

温度が上がり開き出すと
蜂蜜、ブリオッシュ、レモンやオレンジの酸味
しっかりとしたボディがありながら、柑橘系の酸がすっきりとまとめあげてる
コクの中の複雑さ、余韻と共に旨味が、口内に広がる

出汁の効かせた吸い物といい感じ🎶
家の雑煮は吸い物系なのでたまたま気づいたけど
旨味の足し算、動物の脂と柑橘系の酸のとんがった部分を互いに丸めている

=============================================================
新年最初のお酒は。。。

やっぱりChampagne🍾

個人的には珍しくメゾン系
(メゾン系もおいしくて好きなのですが。。。)

普段はR.M.(小規模生産者)の土地を活かした農家の造るものが個性があって、良くも悪くも面白いのでよく飲みます

生産量も少なく近年の努力家な造り手ほどいろいろチャレンジしていて、メゾン系の伝統やセオリーにはないものに気づかせてくれるので

メゾン系はメゾンとしての、シャンパンとしての風格、場面での存在感は追従を許さず、こちらも近年蓄えた伝統と技術の粋を集めた銘柄が出てきています
(ブランド力等で高価でなかなか飲めないが。。。)

今日開けたのは、映画「007」の主人公ジェームズ・ボンドもこよなく愛し、英国王室からも6代に渡り御用達の名誉のあるシャンパーニュメゾンBollinger

平成最後、天皇家の世代交代を迎える年の正月に王室所縁のメゾンはふさわしく、良き一年になるように良年のみ生産される銘柄La Grande Anneeを選びました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください