ワインテイスティングノート

今まで飲んだ著名で希少性のある銘柄を中心としたワインのティスティングリスト

ボルドー格付別
1855年のパリ万国博覧会の際、皇帝ナポレオン3世の命により
それまでワインの品質に直結していたシャトーの評判や市場価格に従って、世界中から集まる訪問客に向けてボルドーワインを第1級~第5級に格付けされた。
白ワインは赤ワインよりも重要度はかなり劣り、ソーテルヌとバルサックの貴腐ワインのみ第1級と第2級に格付けされた。

1855年以後、格付けが変更されたのはただ2回だけである。

・1856年にシャトー・カントメルルが第5級に追加されたこと
・フィリップ・ド・ロッチルドの数十年にわたる熱心なロビー活動の結果、1973年にシャトー・ムートン・ロートシルトが第2級から第1級に昇格したこと
・サン・ジュリアンの第3級シャトー・ドゥビノンが、シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリに吸収されて格付けから消えたこと

[赤]
一級格付け
・二級格付け
・三級格付け
・四級格付け
・五級格付け
シンデレラワイン

[白]
・特別一級格付け
・一級格付け
・二級格付け

— ブルゴーニュ産地別 —
Cotes de Nuits
Cote de Beaune

カルトワイン

スペイン産地別

— イタリア産地別 —
・スーパートスカン
・Baloro
・Barbaresco
・Burunello de Montaltino

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。